採用されやすくなるアルバイトの面接

応募が第一歩なら、面接に呼ばれたのは第二歩、どんどん先へ進んでいることになります。初めて会う、知らない人との面接は、誰でも多少は緊張するものです。志望動機をもう一度思い出して言えるようにしてみたり、特技などアピールポイントを言えるように練習したりすることは大事ですが、その他にも大切なことがあります。面接を通過して、アルバイトとして実際に働き始めるまで、あと少し。どのような点に気を付けて面接に臨めば良いでしょうか。面接といえば、実際に顔を合わせて話をすることになります。そのときに採用する側の人の目に留まるのは、どのような部分でしょうか。実際に人と会って話をするときのことを考えてみてください。大きく2つのポイントから、好印象を残す方法を見てみましょう。

第一印象を良くするために気を付けること

お互いに知らない人同士が初めて会ったら、第一印象はとても重要なポイントになります。アルバイトの面接を受けるわけですから、派手に気合いを入れることはありません。どのような職場にも共通するのは、まず清潔感のある身だしなみではないでしょうか。長い髪をきちんと結ぶかまとめるかしておく、服にはアイロンをかけてシミや汚れがないか、意外と忘れがちですが靴がきれいであるかどうかも気を付けておくと良いでしょう。見られることなく終わることもありますが、意外と「見る人は見ている」場所です。どんな靴であっても、きれいにしていると、目立ちにくいところにも気を配っていることが伝わります。求人情報に髪の色や爪のことなどが書いてあったら、採用されたら直すのではなく、される前に該当する身だしなみに整えておくと、採用される可能性が高くなるでしょう。

はきはきとした受け答えをしましょう

どの仕事にも共通するのが、他の人たちとの連携です。もしも小さな声で返事をされたら、相手は話がよく聞き取れません。上手く話せなくても、自信がなくても、はっきりと話すことで爽やかな印象に変わることがあります。誰だって上手く表現できなかったり、これで良かったのか心配になることがあります。大声を出す必要はありません、聞き取りやすい話し方を心がけると、全体の印象も変わってきます。ドキドキする気持ちが出てくることもあるでしょう。それでも姿勢を良くして話すことです。姿勢を正すと相手の目を見ることになりますし、背筋が伸びていれば小声になることもありません。これから新しいアルバイトが始まり、もしかしたら目の前で面接を担当している人が、良き相談相手になるかもしれません。口角を上げてはっきり話すことで、採用する側の人にも良い印象を与えることができるでしょう。