採用されやすくなるアルバイトの志望動機

アルバイトに応募するとき、履歴書に書いたり、実際に面接で聞かれる志望動機。人それぞれ応募する理由は異なります。正直な話、お金を稼ぎたいからという人も多いはずです。具体的にこの業界、この場所で働きたい理由があるのなら、すんなりと志望動機を書くことができるでしょう。でも、なかなか採用されやすい文章が思い浮かばないこともあります。志望動機はアルバイトをするときも、その後の就職活動や転職活動のときにも、避けて通れないものです。つい定型文のような志望動機を書いてしまいがちですが、採用されやすくなるのは、ぱっと目に留まるような内容です。目立てば良いというわけではありません。履歴書を見た人、面接を担当した人の心に残ったり、もう少し詳しく話を聞いてみたいと思えるような志望動機を書いてみましょう。

先のことまで考えている自分をアピールしましょう

学校を卒業するまでの間だけ、次の仕事が決まるまでのつなぎ、理由はさまざまです。実際に一時的にアルバイトをするだけであっても、書き方を工夫してみましょう。将来やりたい・現在めざしている職種に関係があるのなら、自分の目標を明確に書いてみるのはいかがでしょうか。「こうなりたい」という目標、達成するために「こういう努力をしている」と、将来を考えて応募していることを伝えてみましょう。学生がアルバイトで採用されて、卒業後は正社員として働くことになる、というケースも一部の業界ではあるので、アルバイトだからと適当に書くのではなく真剣に書いてみましょう。就職活動で志望動機を書くなど、学生の場合はこれから「なぜうちで働きたいのか」と聞かれることが多くなります。志望動機を書くのが苦にならないように、慣れてしまいましょう。

経験を生かせる自分をアピールしましょう

アルバイトに役立つ経験のある学生、そして社会人として働いたことのある人は、アピールするチャンスです。語学や資格のように直接関係のある内容でも良いし、一見関係なさそうで、実は生かせるスキルを書いてみるのも方法のひとつです。採用する側の人が、納得できるように、まずは経験したことを書き出してみましょう。接客の経験なら「人と接すること」に重点を置いて、相手の気持ちを考えられる自分をアピールしてみましょう。事務的な仕事をしていたのなら、パソコンなどのスキルや、早く正確に仕事ができることがアピールできるのではないでしょうか。時間がかかってしまうので自信がなくても、慎重に仕事をしているなど、プラスの言い方に変換することができます。この経験を生かして、アルバイトをしたいという気持ちを伝えてみましょう。